2021年11月10日 投稿者: はじめてリフォーム 0

リフォームして造り付け収納を後付けするメリットとデメリットとは?

収納場所が少なくて困っているなら、リフォームして造り付けの収納を後付けするのがオススメですよ。

造り付けの収納のメリットは、壁に固定されているため耐震性が高く、家具が転倒する心配もないのです。

また、部屋に合わせてオーダーメイドで作るため自分好みの素材を選んだり、空間を無駄なく活用できるでしょう。

デメリットはオーダーメイドですから費用がかかる可能性が高く、一度設置すると本棚やタンスのように収納場所を移動させる事が難しいため、ライフスタイルに合わせて後で変更する事はできないのです。

さらには撤去や拡張も困難なので、リフォームで失敗したくないならよく検討した上で、信頼できるリフォーム業者に依頼して設置すると良いでしょう。