2021年5月11日 投稿者: はじめてリフォーム 0

屋根裏をリフォームして収納スペースを作ろう!

屋根裏はデッドスペースになりがちですから、リフォームして収納スペースを作りましょう。

屋根裏をリフォームしてスペースができれば、季節のアイテムや使用頻度の低い家具家電などを収納しておく事ができますし、現在の収納スペースだけでは足りないなら屋根裏も活用してたっぷり収納しましょう。

屋根裏に収納を作る場合、湿気や温度の面でデメリットがありますので断熱工事が必要不可欠ですよ。

建築基準法で階層としてみなされたら固定資産税がかかる事が考えられますので、下の階の面積など考慮しましょう。

屋根裏に部屋を作るリフォームは高額になる可能性が考えられますので、屋根裏に収納を作るリフォームがオススメですから、信頼できる業者に依頼してリフォームしましょう。